女性特有のがん|病気は未然に防ぐことが大切|肝臓がんにならない生活を

病気は未然に防ぐことが大切|肝臓がんにならない生活を

女性特有のがん

病院

がんの検診

乳がんを発見する方法は、定期的な乳がん検診や自分で触ってしこりなどを発見して診察を受けるタイプがほとんどです。まれに男性でも乳がんにかかる患者さんはいますが、ほとんどが女性だといえます。乳がん検診では医療機関にもよりますが、マンモグラフィーや超音波検査にあわせて、医師による触診までをするところがほとんどです。病院や地域によっても40歳までは超音波検査を主に行い、40歳以上からはマンモグラフィーを主に行って疑わしいものある場合は両方検査を行うなど違いがあるので、希望がある場合などは事前に確認し検査をしてもらうことが大切です。医師による触診も、乳房について気になることなど相談すると、きちんと回答してくれるので気づいたことなどがあれば聞いてみることもお勧めです。

知っておくと良いこと

ほとんどの地域では、乳がん検診が助成の対象になっていて、2年に1度などの規定はありますが、指定医療機関で無料や小額で検診を受けることが可能です。がん検診といっても子育て中のお母さんなどは、子育てでいっぱいいっぱいで自分のことが後回しになり受診をしない人もいます。地域によっては受診率を上げるために、子供を一時預かってもらっている間に、乳がん検診ができる集団検診を実施している地域もあるので、地域の検診情報などをこまめに確認して受診することがおすすめです。乳がんは状況によって違いがありますが、がんの中でも触ることができるがんなので、実際に入浴のときや寝る前の少しの時間などを利用し、気になることがあればすぐに受診することが大切です。

Copyright © 2016 病気は未然に防ぐことが大切|肝臓がんにならない生活を All Rights Reserved.